20200319 株価の動き

スポンサーリンク
なすびの経済学習

日経平均株価 16,552.83 -173.72 (-1.04%)

○米連邦準備理事会(FRB)やオーストラリア準備銀行(RBA)が新たな金融緩和策を発表したものの,新型コロナウイルス問題の収束が見通せないなか,経済の先行きを不安視した売りが出た.
○国内の金融機関などが3月の決算期末を前に,含み損がこれ以上膨らまないよう損切りに動いたことも日本株相場を押し下げた.
○欧州中央銀行(ECB)が日本時間19日朝に90兆円規模の資産買い入れ策を導入すると発表
→欧州経済の混乱が幾分和らぐとの期待感から買いが先行した.
○新型コロナによる景気下押し懸念がくすぶり、ファンドがリスク資産を圧縮して現金化する動きを強めていることも,日本株相場の重荷になった.

NYダウ 20,087.19 +188.27

○値ごろ感からの買いが大型ハイテク株を中心に入った.
○世界の中央銀行が相次ぎ金融緩和に動いたのも支えとなった.
○米連邦準備理事会(FRB)は18日夜にMMF(マネー・マーケット・ファンド)向けに資金供給を始めると発表.
○夕には欧州中央銀行(ECB)が緊急の資産購入を決めた.
○19日には英イングランド銀行も緊急利下げと資産購入の再開を発表.
→世界の中銀による矢継ぎ早の金融緩和が相場を支えた.
○大型ハイテク株が堅調だった.
○足元で株価下落がきつかった外食のマクドナルドや金融のゴールドマン・サックスなども買い直された.

タイトルとURLをコピーしました